第三者に相続手続きを任せたいのですが・・・

結論から言うと第三者に任せた方が安心ですね。
不動産の相続の場合、トラブルがつきものです。

不動産の相続の場合、
・かなり手間がかかります
・相続手続きの中に期限が設けられているものもあります
・労力もかかり、時間のロスにもなります
・法律知識も必要です
・相続は書類作成等の手続きもあります

大変なことがたくさんありますので専門家に任せましょう。

「専門家ってどんな専門家に任せればいいのでしょうか?」
という質問もされますので、具体的に書きます。

弁護士さんに依頼

相続手続き全般の代理人となることができるのが弁護士。
裁判所の手続き代理人となれるのは弁護士のみになります。
最強ですが報酬も高額になります。

司法書士さんに依頼

相続登記の代理人になることができるのは司法書士と弁護士のみです。
「遺産整理受任者」として相続手続き全般の代理人となることができます。

また、司法書士は、裁判所提出書類を作成することもできます。
司法書士の中でも相続専門の方にお任せしたいですね。

行政書士さんに依頼

遺産分割協議書などの「権利義務に関する書類」を
代理人として作成することができます。

遺産分割協議書とは、全ての相続人が遺産分割協議で合意した内容を
書面に取りまとめた文書のことで、
『不動産の相続登記』や『預貯金・株式・自動車の名義変更の手続き』を
行う際に必要になるものです。

税理士さんに依頼

税務申告の代理人となれるのは、税理士のみになります。
相続税の申告手続きを依頼したいなら、税理士に頼む必要があります。

「相続税っていくらかかるの?」という質問もよく受けますが
基礎控除額は3,000万円+人数分×600万円です。

基礎控除額までの範囲なら、相続税はかかりません。

例えば相続人が妻と子供2人の場合の基礎控除額を計算すると・・・
3,000万+600万×3人=4,800万円

                               図参照:アセットキャンパス

4,800万円まで控除されます。

ただ、相続のため所有権移転登記をする必要があります。
その場合、「登録免許税」はかかります。

「登録免許税はいくらなの?」という
声が聞こえましたのでお答えします。


固定資産税評価額 × 0.4%です。

固定資産税評価額が
1,000万円なら4万円
3,000万円なら12万円
1億円なら40万円
ということになります。

詳しくは専門家である税理士に聞くのが間違いないですね!

「無知は罪なり」と過去の偉人たちが言っています。
ぜひ相続税について一緒に学んでいきましょう。

ここも押さえておきましょう!

子どもがいる場合、いない場合、父母がいない場合によって変わります。

                                       図参照:みんなの介護

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です