不動産の相続でやるべきこととは?

不動産相続のご相談はよくあります。

相談内容は
・親が急死したんだけどどうすればいいの?
・不動産を相続するためにやるべきことは?
・相続税はどうなるの?

その他さまざまのご相談を受けます。

親が急死したんだけどどうすればいいの?

まずは遺言書があるかないのか?
を確認しましょう。

ただ遺言書の場合、原本が見つからなければ効力はありません。
最寄りの公証人役場へ問い合わせをしてみましょう。

新潟公証人合同役場問い合わせ

元気な時に遺言書を作成しましょう!

被相続人(ひそうぞくにん)は元気な時に遺言書の作成をしておきましょう。
元気というのは体もそうですが頭も元気なうちにという意味です。

私が相談を受けるケースは、
「親が認知症になって・・・」というケースが少なくありません。

残された方に迷惑をかけないために、元気なうちに遺言書を作成しましょう。
公証役場で公証人に遺言を作成してもらうことをお勧めします。
*被相続人(ひそうぞくにん)とは、遺産相続を行う際に相続財産を遺して亡くなった方

遺言書の作成?なんか大変そうで面倒・・・

そう思われませんでしたか?

遺言書の作成や相続などを扱っている専門家チームがおります。
私たちはその専門家チームと一緒にお仕事をさせていただいております。

悩んでいても解決しません。
まずはお気軽にご相談ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です