不動産と道路の深い関係

タイトルにあるように不動産と道路は非常に深い関係があります。

建築基準法第43条1項に
建築物の敷地は、幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない
との規定があります。
「接道義務(セツドウギム)」と言われるものです。

もし敷地に幅員4m以上の道路が2m以上接しいなければ?

家は建てられません。

そうなんです!

これからお家を見る時、
「幅員が4m以上の道路が2m以上接しているか?」
確認してみてくださいね。

 

建築基準法の道路の種類について

「幅員が4m以上の道路が2m以上接しているか?」
というのが基準なのですが、中には例外もあります。

 

42条1項1号
国道、県道、市道などの道路法の道路(1号道路)

 

42条1項2号
都市計画法、開発許可などにより築造された道路(開発道路)

 

42条1項3号
建築基準法施行時以前から存在した4m以上の道路(既存道路)

 

42条1項4号
事業執行が2年以内に予定され特定行政庁が認めた道路(計画道路)

 

42条1項5号
民間が申請を行い、行政から位置の指定を受けて築造された道路(位置指定道路)

 

42条2項
建基法の適用及び都市計画区域に指定される以前から存在した道幅1.8m以上4m未満の道路(2項道路)

 

道路に接していない家、見たことあるよ!

ドライブをしているとありますよね。

そうなんです!
全部が全部、建築基準法の道路種類に当てはまるわけではなりません。

都市計画区域準都市計画区域内でのみ適用されます。

 

 

わかりやすくいうと田舎道をドライブしていて
道路に接していない家が見かけられるのはこの理由からですね。

 

                図参照:国土交通省 都市局 都市計画課

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です