都市計画税?登録免許税?不動産取得税?

前回は、固定資産税評価額について解説しました。

今回は固定資産税評価額から深掘りしてみたいと思います。

タイトルにあるように
都市計画税
登録免許税
不動産取得税

という税金の種類が出てきます。
これらの税金は固定資産税評価額を計算するのに使われます。

固定資産税

固定資産税は、前回お伝えした通り
固定資産税評価額×1.4%で算出することができます。

都市計画税

その年の1月1日時点に市街化区域内に土地・建物を所有している人が納める税金です。
固定資産税評価額 × 0.3%で算出することができます。

登録免許税

不動産をはじめ、航空機や会社などの登記や登録に対して課税される税金です。
所有権移転登記は固定資産税評価額が課税標準となります。

所有権移転登記(土地)評価額×2.0%
住宅用家屋所有権保存登記(新築建物)評価額×0.4%
住宅用家屋所有権移転登記(中古建物)評価額×2.0%

ただ軽減措置が受けられますので現在は上記の税率より下がっていて
負担は少なくなっています。

土地の所有権保存登記 2.0%→1.5%
新築建物の所有権保存登記 0.4%→0.15%
中古建物の所有権移転登記 2.0%→0.3%

不動産取得税

不動産取得税は、不動産(土地や家屋)の取得に対してかかる税金です。

その金額は固定資産税評価額×4%で算出することができます。

結構大きな金額ですよね〜
これは住宅という大きな買い物をした後にくる税金です。

2,000万円(固定資産税評価額)×4%=80万円です!!!


「不動産取得税を支払うことは不動産屋から聞いたこともない!」
という方も多数おります、必ず覚えておきましょう。

ただ新潟では特別控除もあります。

→ 不動産取得税の住宅の特例控除・減額

住宅の延床面積が50㎡〜240㎡以下であれば1,200万円まで控除されます。

(2,000万円-1,200万円)×4%=32万円

半分以上軽減されますね。

売った時じゃなく買った時にかかる税金・・・
何度もお伝えしますが必ず覚えておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です