建ぺい率と容積率ってなに?

不動産で聞く専門用語
こんにちは、新潟市東区の
・物件情報をどこよりも早く発信
・物件についての盛りだくさんの情報量
・失敗しない物件選びのアレコレ
を発信している新潟不動産の窓口です。

建売物件や中古戸建を探していると
建ぺい率と容積率という言葉を見かけませんか?

 

なんか難しい言葉のようですが、そんなに難しくありません。
家を建てる上で重要なポイントになりますので、ぜひこの機会に覚えましょう!

 

新潟市の区域(都市計画区域内) ごとに
建ぺい率、容積率が定められています。

下記の表をご覧ください。

                                        図参照:新潟市

建ぺい率も容積率もこの上記の数値を超えてはいけません。

 

建ぺい率とは?

敷地面積に対する建築面積の割合になります。

家を建てる上で「土地」と「建物」の大きさ広さを踏まえる必要があります。

図解で説明すると・・・

                      図参照:注文住宅のススメ

容積率の求め方は
建ぺい率=建築面積(㎡) ÷敷地面積(㎡)

 

容積率とは?

建物の延べ面積の、敷地面積に対する割合になります。

延べ床面積とは、床面積の合計になります。
2階建ての場合、1階と2階の床面積を合わせた数字になります。

                   図参照:注文住宅のススメ

容積率の求め方は
容積率(%)
 = 延べ床面積(㎡) ÷ 敷地面積(㎡)

 

 

簡単ですよね?

新潟市が都市計画区域内ごとに建ぺい率、容積率を決めていますので
それを超えないようにお家を建てましょう!

超えちゃうと違法建築になっちゃいますから気をつけましょう!