契約後から決済引き渡しまで

前回は

物件のご相談から不動産契約までの流れについて書きました。

住宅ローンの本審査は通過後は決済日まで待ちます。

その間に司法書士や土地家屋調査士という士業の方が
名義変更や抵当権設定登記や表題登記の準備のため動いてくれます。

 

抵当権とは・・・

住宅ローンなどでお金を借りたときに、
家と土地をその借金の担保として確保しておくためのものになります。
わかりやすくいえば、住宅ローンの支払いができなくなったときは、
その家と土地を銀行が取り上げますよ、という権利のことです。

 

表題登記とは・・・
まだ登記されていない土地や建物について、新規で行う登記のことを言います。
建物を新築したら、まず最初に行わなければならない登記です。
未完成物件の場合、表題登記が必要になって来る場合が多いです。

 

残金支払い、鍵の引き渡し

決済当日に住宅ローン融資がおりますので買主は各支払を済ませます。

  • 住宅購入残金の支払い
  • 司法書士への支払い
  • 仲介手数料の支払い

これが済んで初めて所有権の移転になります。

無事、引き渡し完了となります。

 

 

個人間売買と個人と業者でも違いはあります。


個人間売買でもご購入される物件が空き家なのか?
居住中の住み替えなのか?で時間のかかり方が変わってきます。

 

ただ大まかな流れは変わりませんので参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です