リタイアメントプランニングとは?

今から老後のことを考えるのは早いでしょうか?

いや、決して早くないです。

いますぐ立てた方が安心で安全です。

老後資金はどのくらい用意しておけばいいのでしょうか?

その点を一緒に調べてみましょう。

 

リタイアメントプランニングの基本

夫婦2人で最低限度必要な年間のお金は約264万円と言われています。
これは最低限度です。

ゆとりのある生活をしようと思えば、約419万円必要だと言われています。

当然ですが年金だけでは足りないということになります。

 

「まだまだ老後の心配をしなくていい」と考えがちですが、
ある程度の年齢になったら収入は増えません。

今からでも遅くはありません。
お金を守りながら少しずつ増やしていく思考が重要になります。

 

リバースモーゲージとは?

高齢者が自宅を担保に老後資金を借りる制度になります。
生きているうちに返済する必要はありません。

自宅の名義人が亡くなった後に、遺族が担保不動産を売却して、
得たお金で返済するという流れになります。

 

生活福祉資金貸付制度とは?

土地建物を担保として1ヶ月あたり30万円以内、
土地評価額の7割を上限として貸し付けを受ける制度になります。

 

 

ありがとうございます。

老後の準備は早い方がいいんですね。

もっと早くしておけばよかったと感じました。

確かに早めに準備した方がいいですね。

ただ、そうは言っても難しいです。

気づけた今、今から計画を立てて準備していきましょう!

はい、ありがとうございました!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です