障害給付と遺族給付について

障害基礎年金について

障害基礎年金の受給要件

  • 初診日に国民年金の被保険者であること
  • 障害認定日に1級または2級の障害状態にあること
  • 保険料納付要件を満たしていること

 

障害基礎年金の年金額

  • 1級・・・974,125円(2級の金額の1.25倍)
  • 2級・・・779,300円(老齢基礎年金と同額)

 

障害基礎年金の保険料の納付要件

  • 保険料納付期間が2/3以上であること
  • 初診日のある月の前々月までの直近1年間に、保険料の滞納がないこと

 

障害厚生年金について

厚生年金の被保険者が障害等級1.2級に該当した場合、
国民年金から障害基礎年金、厚生年金から障害厚生年金の2つを受給できます。

 

障害厚生年金の受給要件

  • 初診日に厚生年金の被保険者であること
  • 障害者認定日に1級から3級の障害状態であること
  • 保険納付要件を満たしていること

 

障害厚生年金の年金額

1級…報酬比例部分×1.25+配偶者加給年金額(224,300円)

2級…報酬比例部分×配偶者加給年金(224,300円)

3級…報酬比例部分のみ(最低保障額584,500円)

 

遺族給付について

遺族基礎年金(国民年金)

国民年金の被保険者や老齢基礎年金の受給権者がなくなった場合、
一定の要件を満たす遺族は遺族基礎年金を受給できます。

 

  • 遺族の範囲…死亡した人に生計を維持されていたこのある配偶者または子
  • 年金額…老齢基礎年金と同じ779,300円。子のかさんについては2人目まで1人2月224,300円、3人目以降は74,800円(平成30年度価額)

 

寡婦年金と死亡一時金

寡婦年金と死亡一時金というものがありますが、
これはどちらかを選択する必要があります。

 

寡婦年金とは、保険料を10年以上支払った夫(第1号被保険者)が
年金を受給せずに死亡した場合に妻が受給できる年金になります。
※10年以上の婚姻期間が必要
※老齢基礎年金額の3/4

 

死亡一時金とは第1号被保険者として保険料を納付した期間が
合計3年以上ある人が、
年金を受け取らずに死亡した場合、
遺族年金を受け取ることができない場合、
支給されます。

子のない妻は死亡一時金を受給できます。

 

難しくてなかなか覚えられないです^^;

ですよね。
それでは一問一答でいきましょう!

障害者基礎年金の受給者の方によって
生計が維持されている場合、
配偶者に加給年金は加算されますか?

 

 

 

障害厚生年金の1.2級以外は
加算されないと覚えておいてください。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です